Habi*doはひとりひとりの自発的な行動を生み、自律的に成果をだす組織・チームを実現するために開発されたツールです。

自己効力感を高め、行動変容を促す独自のメソッドに基づき設計されています。
組織・チーム内の目標・習慣・タスク・学びを可視化し共有。メンバーどうしがお互いのがんばりを承認し、刺激しあいます。

組織・チーム内のメンバーどうしの信頼が生まれ、エンゲージメントが向上します。結果として目的に沿ったコミュニケーション(ビジネスでいえばワーク・コミュニケーション)が自然と生まれます。また同様に結果としてモチベーションが高まります。


比較されるツールとの違い

タスク情報管理ツールやチャット系SNSツールとの比較


Habi*doはコミュニケーションツールなの?

がんばり可視化WebアプリHabi*doは人材のマネジメントに役立つツールです。

特にエンゲージメントを高めて、生産性向上やコスト削減などの成果向上を支援します。

人材マネジメントを大きく2つにわけるならば、ハード面の管理と、ソフト面の管理があります。

Habi*doは特にソフト面の“モチベーションマネジメント”に効果を発揮するツールです。

人材マネジメントにおけるハード面とソフト面

Habi*doは自己効力感を高めて行動変容を促すメソッド「TREEダイナミクス®」に基づき設計された、独自のツールです。


モチベーションが高くても行動・成果にはつながらない

Habi*doはモチベーション・マネジメントを実現できる仕組みです。
しかしながら実はモチベーションが高くても行動にはつながりません(=成果も出ません)。

Habi*doの特長は、自己効力感を高めて行動変容を促進する仕組みです。
行動を実践し、メンバーどうしが承認し切磋琢磨し、結果としてモチベーションが高まるものです。

Habi*doの特長、自己効力感が行動変容に

※モチベーションと行動変容には相関関係がないが、自己効力感と行動変容には相関関係がある。


エンゲージメントを高める運用例

Habi*doは成果を出すためのマネジメントサイクルをまわすために最適なツールです。
日々のプロセス・進捗、短期間の目標申告、フィードバックを実現できます。

Habi*doによるマネジメントサイクル

より効果的な運用、マネジメントを実現したい方は、
TREEガイド®養成講座(オンライン・コミュニケーションマネジメント講座)をご確認ください。


よく比較されるツールとの対照表

比較表

目標達成のためにはエンゲージメントが重要です。
これまでの目標管理とは異なり、自己効力感を高め、自律的に成果につながる行動を促します。

 営業業績向上
 生産性向上
 サービス向上
 顧客満足度向上
 離職防止
 キャリア開発
 改善活動 など

自発的な目標設定、実践の報告共有、
上司や同僚からのフィードバック、目標の改善。MBO本来のPDCAマネジメントサイクルを実現できます。

Habi*doは、自己効力感を高め行動変容につなげる手法TREEダイナミクス®(監修:大阪大学大学院経済学研究科 開本浩矢教授)を学術的背景として開発されています。

arrow

Habi*doを活用して実現できます

 ヒントをご紹介!

Habi*doご紹介セミナー随時開催中