エンゲージメントツールHabi*doは人材のマネジメントに役立つツールです。

エンゲージメントを高めて、生産性向上やコスト削減などの成果向上を支援します。

人材マネジメントを大きく2つにわけるならば、ハード面の管理と、ソフト面の管理があります。

Habi*doは特にソフト面の“モチベーションマネジメント”に効果を発揮するツールです。

人材マネジメントにおけるハード面とソフト面

Habi*doは自己効力感を高めて行動変容を促すメソッド「TREEダイナミクス®」に基づき設計された、独自のツールです。


Habi*doの特徴

Habi*doは成果を出すためのマネジメントサイクルをまわすために最適なツールです。

Habi*doによるマネジメントサイクル


成果のでる運用を支援する特徴的な機能

アクション機能

自発的に目標を立て、そのために日々意識して実行する行動・習慣のリストを作成します。
毎日「やった」ボタンを押したり、目標の達成状況を申告します。

アクティビティ

目標の達成状況や、習慣行動の実施状況、オンラインバッジの獲得状況などあらゆる活動がグループで共有されます。
お互いに切磋琢磨をしながら、刺激をしあい、時に励ましたり、応援したり承認を行う場所です。

マイデータ

目標に向けたプロセスの状態がわかる場所です。
このデータを見ながら、個人で振り返りをするのも良いですし、上司部下で面談をして目標の見直しをしても良いでしょう。

グループフォロー

管理者向けのグループフォロー機能では、人工知能のミカBOTが大活躍。
マネジメントをしているグループのメンバーのほめるポイントや、フォローが必要なタイミングを教えてくれます。
今後、さらなるバージョンアップをしてまいります。


利用の幅が広がる独自機能

コンテンツ

ブログ感覚で学習コンテンツや、簡易的なクイズ、アンケートを作成することが可能です。
コンテンツを確認したことや、コメントはグループ内で共有されるため、学びあいを促進するきかっけになります。

BeingDoingチェック

行動性向と思考タイプがわかる25問からなる簡易チェック。(あたると評判)
タイプによってモチベーションの源泉は異なるもの。あなたのマネジメントするメンバーはどのタイプでしょうか?


よく比較されるツールとの対照表

比較表

目標達成のためにはエンゲージメントが重要です。
これまでの目標管理とは異なり、自己効力感を高め、自律的に成果につながる行動を促します。

 営業業績向上
 生産性向上
 サービス向上
 顧客満足度向上
 離職防止
 キャリア開発
 改善活動 など

自発的な目標設定、実践の報告共有、
上司や同僚からのフィードバック、目標の改善。MBO本来のPDCAマネジメントサイクルを実現できます。

Habi*doは、自己効力感を高め行動変容につなげる手法TREEダイナミクス®(監修:兵庫県立大学 開本浩矢教授)を学術的背景として開発されています。

arrow

Habi*doを活用して実現できます

 ヒントをご紹介!

営業成果を高めたいとお考えの担当者さまは こちら! 

人材定着・離職防止にお悩みの担当者さまは こちら! 

Habi*doご紹介セミナー随時開催中