アンガ―マネジメント的『上手な怒り方』 – Habi*do(ハビドゥ)

アンガ―マネジメント的『上手な怒り方』

エンゲージメント基礎知識

アンガ―マネジメントにおいては、「怒り」を“悪”と、捉えていません。
後悔しなければ怒ってもいい、怒るからこそ伝わることもある、という考え方に立っています。

逆に言えば、怒り方を間違えれば伝わりにくくもなるということ。
アンガ―マネジメント的怒り方、についてご紹介いたします。

怒りたい内容の主従関係とは

感情的にこじれている場合は大抵が間違った怒り方から始まったものと言ってもいいでしょう。
では、間違った、伝わりにくい怒り方とは、どのようなものだと思いますか?

それは怒りたい内容の主従関係が逆転しているケースです。
ここでいう主従関係とは、主は『相手に対するリクエスト』、従は『自分の感情を伝えること』です。
怒る女性例えば、従である『自分の感情を伝えること』が先に立ってしまうと・・・。
「私がどれだけ心配したかわかっているの!明日からちゃんと門限を守りなさい!」
先に自分の第一次感情をぶつけてしまうと、相手は(動物的に)危険を感じて、反撃(逆切れ)するか、逃げる(心を閉ざす、避ける)という反応を起こすことが多いので、伝わりにくくなります。

また、主である『相手に対するリクエスト』が先に立つと・・・。
「明日から門限守ってね、お母さんは心配しているんだから。」
印象が大きく変わりますよね。素直にわかった、と言える表現です。

怒りたい場面が出てきたときには、リクエストが先、感情を後で伝えてみましょう。

怒る態度の重要性

さらに、怒る「態度」によって伝わりにくくなる場合があります。
喧嘩

① 機嫌で起こる・・・同じ行為なのに、気分によって怒られたり怒られなかったり。
           これが続くと、顔色だけ見て信用されなくなる。
          「自分のべき」を安定させる努力が必要。
② 人格を否定する・・・お前はダメではなく、遅刻がだめ等々行動を怒るのが理想。
③ 人前で起こる・・・恥ずかしさが先に立ち冷静に話を聞けなくなる。
④ 感情をぶつける・・・前述通り。こちらのリクエストが素直に聞けなくなる。

怒ることは愛情の裏返しでもあります。
どうせ怒るなら『伝わる怒り方』をしてみませんか。

株式会社パーソナルヴィジョン研究所 代表取締役。
1984年神戸大学教育学部教育学科卒業後、株式会社ワールド入社。人事課長、組織活性化プロジェクトリーダーとして、採用・教育・ 配置・海外人事、国内関連会社(約15社)の設立・ 合併人事業務を企画・推進。2000年、人材開発コンサルタントとして独立。主に人事コンサルタントとしては企業理念・人事制度設計、組織風土診断、マネジメントの強化支援を中心に、 キャリアコンサルタントとしてはキャリア開発を基軸とした人材育成の支援、キャリアカウンセリング、就職支援業務を専門領域に活動。 また人事マン育成を今後の課題に掲げて様々な支援に取り組んでいる。

現場力を高めるためのヒント、ダウンロードいただけます。

自律的に問題解決をする人と組織。好業績な組織、生産性の高い組織に不可欠なものとは?
概要をつかむためのダウンロード資料をご用意いたしました。ぜひお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連記事一覧