上司の信頼関係を作る能力~聞く側のスキル~ – Habi*do

上司の信頼関係を作る能力~聞く側のスキル~

エンゲージメント基礎知識

前回の「自分の部下を通じて結果を出すのが管理職~伝える側のスキル」では

「伝達逓減の法則」、
・・・伝えたい内容×伝える人のアウトプットスキル×聞く側のインプットスキル
=聞く側の理解度
を参考に、伝える側の責任とスキルについて考えてみました。
今回は聞く側のスキルについてです。

聞く側は、部下のスキル・能力だから伝える側の上司は関係ない、と考える方も少なくないはず。

確かに、全て伝えた通り受け止めてくれたかどうかまでは上司はコントロールできません。しかしながら、聞く姿勢・感情をコントロールすることはできるはずです。

聞く側のスキル ~身近な例で考える~

例えば身近な例で。

夫婦喧嘩、兄弟喧嘩、親子喧嘩をした後に、相手に「買い物に行ってきて」と言われたとしましょう。
「自分で行け!」という返しも大いにありますが(笑)、たとえ渋々行ったとしても、指示されたものだけ買ってきて、「はいよ!」でおしまい、ということが多くないですか?

これがもし。
お互いにいい出来事があった後に相手から「買い物へ行ってきて」と言われると、「何に使うの?」とか「安い方がいい?高くてもいいものを買う?」「だったら、あのお店がいいよね。」「そうだとしたら、これも必要ではないの?」と、
相手の立場に立って、あるいはもっと喜ばそうと相手からさらに情報を引き出そうとしたり、自分なりに考えて提案したりしませんか?

ここでいう「聞く側のスキル」の醸成は、まさに相手に、「伝えたいこと」に興味を持たせてより具体的に聞きこうとする姿勢(質問・提案)を引き出す関係を、常日頃から上司が作り上げることに他なりません。
彼は聞く能力が全くない、とバッサリ部下を切り捨てる上司は、自分には信頼関係を作る能力がない、と宣言しているようなものです。

もちろん、わからないことがあったら「わかるまで何度も質問していいよ」という心を開いている姿勢をこちらが示すことも大切です。


「聞く側のスキル」=「上司の部下に対する態度=信頼関係」

是非、職場でも勿論プライベートでも実践してみてください。
事がうまく運ぶ確率がみるみる高くなっていく、と思います。

伝える側のスキル はこちらから

株式会社パーソナルヴィジョン研究所 代表取締役。
1984年神戸大学教育学部教育学科卒業後、株式会社ワールド入社。人事課長、組織活性化プロジェクトリーダーとして、採用・教育・ 配置・海外人事、国内関連会社(約15社)の設立・ 合併人事業務を企画・推進。2000年、人材開発コンサルタントとして独立。主に人事コンサルタントとしては企業理念・人事制度設計、組織風土診断、マネジメントの強化支援を中心に、 キャリアコンサルタントとしてはキャリア開発を基軸とした人材育成の支援、キャリアカウンセリング、就職支援業務を専門領域に活動。 また人事マン育成を今後の課題に掲げて様々な支援に取り組んでいる。

企業課題は従業員の「エンゲージメント」が解決の糸口に。

組織にエンゲージメントが求められる理由とは?生産性の高い組織に不可欠なものとは?
概要をつかむためのダウンロード資料をご用意いたしました。ぜひお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連記事一覧