自分と自分を比較することの重要性~うさぎとかめから学ぶ~ | Habi*do(ハビドゥ)

自分と自分を比較することの重要性~うさぎとかめから学ぶ~

エンゲージメント基礎知識

みなさんご存知の「うさぎとかめ」。
普通に考えれば、うさぎが勝つはずです。ですが、結果はかめが先にゴール!
うさぎが負けた理由ーみなさんは何だと思いますか。

スモールステップで成果につなげたかめ

むかしむかしあるところに、うさぎとかめがいました。
歩みの遅さをバカにされたかめがうさぎと山のふもとまでかけっこ勝負に挑みます。
スタートするとうさぎはあっという間の速さでかめとの距離を離して進んでいってしまいます。
かめがあまりにも遅いので、うさぎは木陰で一休み。いつの間にかうとうと眠ってしまいました。
うさぎが目を覚ますと、かめはすでにゴール!!
かめは、うさぎが居眠りしている間にも歩みを止めずに着実に進んでいたのでした。

普通に考えれば勝つのは走るのが早いうさぎ。しかし最後に勝ったのは「うさぎ」ではなく「かめ」でした。
あゆみ
かめからゴールは見えないほど程遠い。かめのスキル的には目標達成は難しい。遠いゴールを目指してばかりでは行動は継続できません。
小さな目標を立て一歩一歩頑張っていくことが大切です。まずはこの一歩。次はあの木まで。次はあの丘の上まで。
いきなり目標に向かって一本道を想像するのではなく、ゴールまでにいくつかのポイントを持つこと。スモールステップこそが目標達成の近道なのです。

うさぎがまけた理由「他人との比較」

スモールステップで一歩一歩着実な歩みを進めたかめの勝利。
そして、うさぎが負けた理由は他にもあります。

かめにとっては「ゴール」が目標でした。
うさぎは「カメに負けない」を目標に設定していた、といえます。
比較
「他人との比較」
それがうさぎが負けた理由なのです。

うさぎはかめを基準に自分と比べてしまっていたのです。でもうさぎと同じように、ライバル会社と比較したり、他人と比べたり…ついつい比べてしまう方も多いのではないでしょうか。

大切なのは自分を肯定すること

樹木希林さんの言葉にこのような言葉があります。

他人(ひと)と比較しない。世間と比較しないこと。比較すると這いあがれないので。挫折するので(笑)

他人と比べて自分が勝っている、勝っていると思うこと。自信や自己肯定感につながることもあるかもしれませんが、一時的なものでしょう。
他人と比べて負けていると思い、落ち込むこと。人と比べて勝手に自己嫌悪に陥ることは負の連鎖でしかありません。

どんなに優れた人優秀である人であっても、上を見始めればもっと上が存在するでしょう。優秀な人であったとしてもその人よりも優秀な人を見ることで、自分はできていないだめだという否定につながる可能性があります。
OK
人は人から認められたいという思いを持っています。しかし、そもそも大切なのは自分が自分を認めてあげること、です。人と比べる前にまず、自分を肯定してみることが大切です。
人と比べることは簡単にできてしまいます。ですが、感情をプラスにもマイナスにも動かせるのはその人本人次第なのです。
人と比べる前に過去の自分自身と比べましょう。一年前の自分は、半年前の自分は、どうでしたか。
過去の自分に比べて成長が見られたり、できることが増えているとしたら・・・自分自身を褒めてあげましょう!「振り返り」を意識することが大切です。

家族、職場、友達、同僚、上司・・・人間関係の中で生きていると、比較自体意識していないうちにしてしまうこともあるでしょう。自分に足りないところを見つけたとしたら、相手をよく観察して、いいところ吸収すること。自身のなりたい姿へのステップを目標とすること。自分が秀でているところを見つけたとしたら、より磨く方法を考えること、自身の目指す姿へのステップを目標とすること。
少し先を見据えて行動すること。落ち込みや不安、驕り(おごり)といった感情を冷静にとらえ、やるべき行動へと目を向けていくことが大切です。


基準は自分自身にあること。忘れてはいけません。

関連記事

タグ一覧

現場力を高めるためのヒント、ダウンロードいただけます。

自律的に問題解決をする人と組織。好業績な組織、生産性の高い組織に不可欠なものとは?
概要をつかむためのダウンロード資料をご用意いたしました。ぜひお役立てください。

資料のダウンロードはこちら