マネジメントを支援する機能 – Habi*do

マネジメントを支援する機能

組織・チームのシナジー効果を生み出すにはマネジメントがカギになる。そのための支援機能を強化していきます。

  • HOME
  • マネジメントを支援する機能

最も大きな特徴はマネジメントを支援する各種機能。
表面上ではわかりづらい「褒める」「承認する」「支援する」ポイントやタイミングがわかりやすく可視化されます。

スタンプメッセージを活用して、離れ離れだったり忙しいマネージャーでも負担なくメンバーをフォローすることが可能になります。

こんな場面で役立つ

忙しくても大丈夫

忙しくても大丈夫

マネージャーが忙しくてメンバーのプロセスを見ることができていないときなどは、人工知能ミカBOTのヒントを参考に最低限の声掛けをしてみましょう。メンバーのがんばりを一覧で見たり、各自のデータを期間を指定して確認すれば未確認の期間の動向もわかります。

離れ離れでもOK

離れ離れでも大丈夫

直行直帰・拠点が離れている・スタッフが客先常駐・リモートワーク・柔軟な働き方の推進。結果だけではなく日々のプロセスをしっかりと承認することは、離れ離れでも相互の信頼関係構築に役立ちます。

苦手でも大丈夫

苦手でも大丈夫

人はタイプによって、モチベーションがあがる目標の立て方や、声のかけられ方も違うもの。メンバーの行動性向タイプをチェックしてもらえれば、人工知能ミカBOTが各メンバーの活動状況を確認してタイプに応じたアドバイスをマネージャーに行います。

部下が納得する評価ができる

四半期や半年に一度の業績評価面談などは、日々のプロセスをないがしろにしがち。上司も部下も覚えていられないし、そもそも目標が現状に即してないようなことも?プロセスをデータを活用して評価して、部下の納得度を高めます。

お役立ちTips

ミカBOT

ミカBOT

マネジメント支援AIのミカBOTが教えてくれるヒントを参考にしてみるのはいかがでしょうか。「ガイド」のロール(役割)が与えられているユーザにだけ、他メンバーの褒めるポイントや支援が必要なポイントを教えてくれます。ユーザのタイプ別のおすすめの声かけの仕方も教えてくれます

グループフォロー

複数のグループを同時にマネジメントしているときに役立つ機能。課題のあるグループをミカBOTがお知らせしてくれます。

ユーザフォロー

ユーザフォロー

グループ内のユーザ状況をリスト化して確認することができます。ミカBOTのヒントを読み込めば、見えづらい承認する・褒めると良いポイントを教えてくれます。もちろん支援が必要な人も教えてくれます。

BeingDoingチェック

BeingDoingチェック

25問からなるシンプルな行動性向&思考タイプチェックです。目標設定や他者とのコミュニケーションに関するアドバイスが表示されます。タイプに応じた目標の立て方、声かけの仕方はマネジメントにも役立ちます。ミカBOTのコメント内容も変わるかも?

スタンプボタン

スタンプボタン

「ガイド」のロール(役割)が割り当てられていると、通常のユーザと同じ種類のスタンプのほかに「すばらしい」「一歩」「アテンション」の追加スタンプを利用できます。
…もっと知りたい方はコチラ

CSVダウンロード

CSVダウンロード

ユーザの活動状況の内訳や履歴のデータをCSVでダウンロードすることが可能です。様々な分析に自由にお使いください。
…もっと知りたい方はコチラ

マイデータ

期間を指定してひとりひとりのプロセス(がんばり)を可視化して表示することが可能です。マネジメントサイクルに合わせて期間を絞って利用してみてください。
…もっと知りたい方はコチラ

画面デモ・利活用ご相談受付中