忙しい病の管理職から抜け出す ~「忙しさ」を理由に犠牲にしていることを実行する~ – Habi*do

忙しい病の管理職から抜け出す ~「忙しさ」を理由に犠牲にしていることを実行する~

マネジメント

前回は、「場面の維持」のためにやっている“~すべき”を減らしましょう。
ということをお話しました。

今回は、「忙しい」で犠牲にしていることを実行する、についてお話します。

前回も触れましたが、夢中になってやっている時、誰しも、あっという間に時間が過ぎますよね。
“面倒くさい”とか“忙しい”とは感じないはずです。

忙しい、と感じるからには、その仕事にネガティブな感情があるはず。
その感情を引き摺りながら仕事をしていると、我慢する、犠牲にしていることも多く発生していると思います。

今回は、それらを思い切ってやってみたら!という提案です。

忙しい病の管理職(例1)

指示する上司部下が仕事をしているので、見届けるまでは帰れない人。
あるいは自分が最後まで残って仕上げる。
部下からみたら余計なお世話、任されていないのかと、感じているかもしれません。

あるクライアントの管理職は、いつも一番最後まで会社に残っていました。
あるときから、体調不良になり、朝遅刻することが増えていきます。最初は、部下も心配していましたが、だんだんその管理職に対して不信感や疑問を持ち始めます。
結果として、チーム力がみるみるうちに落ちていってしまいました。

忙しい病の管理職(例2)

書類の山「忙しいから」を理由に、書類整理や身の回りの整理を後回しにしている人。
一見、机の上に資料が多いので、あたかもたくさんの仕事を抱えて頑張っている、というように見えます。しかし、実は・・・。
以前作った資料と同じ資料を、再び時間をかけて作っていたり。既に印刷済みの資料をまた印刷してみたりと、無駄な動きが多い人とも言えます。

忙しい病の管理職(例3)

セミナーセミナー、交流会、そして宴会等の催しになかなか行けない人。
時間も場所もはっきり決まっているので、参加、不参加は逆算して考えられるはずです。
忙しい病にかかっている人は、はっきりさせずに曖昧に返事をする、もしくはギリギリまで判断しないことが多くあります。
忙しいので行けるかどうかわからない、という単なる思い込みです。

忙しい病の管理職(例4)

ジム自己啓発をしたいが、時間がなくてできない、スポーツをしたいが忙しくてできない人。
こういう人は大抵、“忙しくて集中力が”とか“気力がなくて”と言い訳をします。
本当に必要と思うなら、土・日でも夜中でもやれるはずです。

それぞれ思い切ってやってみることで、その前後の時間の使い方を工夫するようになります。“忙しい”という心のボタンを外すことにもなります。

ちなみに前述の体調不良の管理職の方。
弊社の研修受講直後の朝礼にて、部下全員の前で早く帰ることを宣言。
宣言をしたその日から実行に移し、本人の体調も部下たちとの関係も好転し出しました(笑)


「忙しさ」を理由に犠牲にしていることありませんか?
是非一つでも思い切ってやってみてください!
また周囲に忙しい病にかかっている人がいたら、一緒に誘って何か実行してみてください。

忙しい病の管理職から抜け出す 前編はこちら

株式会社パーソナルヴィジョン研究所 代表取締役。
1984年神戸大学教育学部教育学科卒業後、株式会社ワールド入社。人事課長、組織活性化プロジェクトリーダーとして、採用・教育・ 配置・海外人事、国内関連会社(約15社)の設立・ 合併人事業務を企画・推進。2000年、人材開発コンサルタントとして独立。主に人事コンサルタントとしては企業理念・人事制度設計、組織風土診断、マネジメントの強化支援を中心に、 キャリアコンサルタントとしてはキャリア開発を基軸とした人材育成の支援、キャリアカウンセリング、就職支援業務を専門領域に活動。 また人事マン育成を今後の課題に掲げて様々な支援に取り組んでいる。

企業課題は従業員の「エンゲージメント」が解決の糸口に。

組織にエンゲージメントが求められる理由とは?生産性の高い組織に不可欠なものとは?
概要をつかむためのダウンロード資料をご用意いたしました。ぜひお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連記事一覧