多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進! – Habi*do

ユーザの声

Habi*doを導入している企業様のご担当者様の声や推薦コメントを集めました。

佐伯祥子さん、増尾直子さん 三井住友ファイナンス&リース株式会社 事務企画部

多拠点で展開する事務改善プロジェクトを推進!

Habi*doの導入目的の第一は、地方拠点の人たちの情報共有とコミュニケーションの促進です。
従来は、毎月、グループと個人の改善活動の進捗報告を事務局を交えて打ち合わせて行っていましたが、全国各地の参加者が毎月集合して打合せをすることはできません。電話会議を利用する予定でしたが、研修で初めて知り合った人同士が、顔が見えない中で話し合いを進めて行く難しさの想定がありました。

物理的な距離のギャップを埋めるこができるのでは?という期待を大きく持ち検討をはじめたのがきっかけです。

他のツールもいくつか検討しましたが、いかにも「ビジネスツール」という印象であり、「仕事が増える」というイメージを付加してしまう懸念がありました。「業務の負荷」ではなく、楽しみながら事務改善活動に取り組んでもらいたいという私たちの意向と、Habi*doの使いやすさやコンセプトが一致することが分かり導入を決めました。

事務局側としては、導入に際して、本当に使ってもらえるだろうか?というのが一番の不安事項だったのですが、行動リストの「やった」やスタンプも、思った以上に活用してくれました。もちろんグループや個人によって差はあったものの、Habi*doを使って、とても良かったと思っています。

グループ目標と個人目標を登録してもらうことで、お互いの動向が見える化され、刺激を受けた様子でした。
SNS感覚に近いスムーズな使用感に加え、スタンプを送り合うなどの楽しむ要素もあったので、やる気やモチベーションアップにつながったという感想がありました。

特に、協働して取り組む改善をテーマに選んだグループでは、活発な投稿やコメントのやり取りがありました。誰かが投稿すると、「それいいですね!」とか「もっとこうしたほうがいいのでは?」というコメントがいくつも連なり、メールよりも気軽に伝えられる使いやすさがよかったのだと思います。
ちょっとした一言、例えば「ありがとう」といった気持ちもスタンプで伝えられますし、忙しく仕事しながらでも、コミュニケーションや議論が活発にできたようです。

一覧ページに戻る