課題別ケース | Habi*do(ハビドゥ)

課題別ケース

どのような現場課題・組織課題がありますか?ぜひお聞かせください。私たちのソリューションが助けになるかもしれません。

  • HOME
  • 課題別ケース

心あたりはありますか?現場力が落ちているサイン

悩む経営者

皆さんの会社でこんなことは心当たりはありませんか?

  • 思うように事業の業績が伸びない
  • 社員が定着せず離職が多い
  • 採用がうまくいかない
  • 社内に一体感がないと感じる
  • 人間関係に課題がある
  • 組織内にシナジーを感じない
  • 組織内に活気がない

心当たりがあれば、それは現場力が落ちているサインです。
コンサルタントに頼んでも、研修をやってもなかなか改善しないとご不満のある方はぜひご相談ください。

課題に応じたプロセス評価運用支援

課題別の評価運用支援実績

プロセス評価の運用で現場の課題を解決します

Habi*doの解決領域

私たちが考える現場力とは「自律的に問題解決をする力」です。
現場のひとりひとりが現場力をつけること、それを実現できる組織づくり(職場づくり)を実現することが大切です。

ひとりひとりが現場力(自律的に問題解決をする力)を身につけるためには、自己効力感を高めて行動変容を促進する継続的な取り組みが必要です。
現場の底上げは一過性の取り組みでは実現することはできません。

現場力が高い組織は総じて安定的に好業績な組織と言えます。
これらの組織の共通点は「目標が明確である」「プロセスが共有されている」「メンバー間に信頼関係がある」ということです。
この3点を実現する組織・職場づくりを目指します。

従業員ひとりひとりの現場力UP、そしてそれを可能にする組織づくりを可能にするソリューションがHabi*doです。

従業員の生産性向上策として「従業員のエンゲージメント」が注目されています。
一般的な「従業員エンゲージメント」は定義が曖昧であり、様々な情報がありますが、一般的には「組織へのコミットメント」を指すことが多いようです。学術的なものではありません。
学術的には「ワーク・エンゲージメント」と呼ばれ、こちらは「活力・熱意・没頭」している状態を指します。

私たちは従業員のエンゲージメントは結果として高まるものであり、表面上のエンゲージメント向上を目的とした施策は本質的には意味をなさないと考えます。
自律的に問題解決をする力(現場力)が高まると、ひとりひとりがその仕事に「活力・熱意・没頭」ができ、また組織と個人の信頼関係も強まることから「組織への貢献意欲」も高まります。

私たちは現場力に注目します。

例えばこんな課題はありますか?

人材を定着させ業績を向上したい
離職率を低減したい
働き方改革を推進したい
健康経営を推進したい
女性活躍・ダイバーシティを推進したい
産育休所得者の支援をしたい
ComingSoon
ComingSoon