目標管理だけではない〜目標と行動を共有するメリット〜 – Habi*do

目標管理だけではない〜目標と行動を共有するメリット〜

エンゲージメント関連トピック

多くの企業で、目標管理をマネジメントに取りいれている昨今。やらされている感ではなく、効果的に活用するために必要なことについて考えてみます。

目標管理をマネジメントする意味とは何なのでしょうか。

私の経験も含め、目標管理にはこういったイメージがあるようです。

目標管理シートとは、数日かけて作成し、その間振り返ることはなく、期末に慌てて実績を記入するもの。
そしてその数字により人事部が評価する。

月の目標管理も同様ですね。毎月同じ月次目標を書き同じ行動計画を書き、同じ反省をするというシーン・・・見覚えがあります。
もちろん目標を設定することは大切ですが、実はあまり重視されてこなかった、目標の共有にこそメリットがあると思います。

そこで今回は、目標やイメージを共有する方法について紹介したいと思います。

職場で目標を共有するメリットは?

通常目標を立てた後は、達成に向けた行動計画をたてることが多いと思います。しかし、部署内の(メンバーの)目標の共有ができていると、0から行動計画をイメージするのではなく、目標を達成した状態から逆算して行動をイメージすることが可能になリます。

つまり、他者の達成体験を自分ごととして捉え行動に落とすことができるようになるということです。
その目標に向けて、どんな取り組みを毎日しようと思っているか。そして実際に実行したのかどうか、その結果どうだったのか。
共有することが頑張りを加速させる刺激になります。もし共通の目標を目指しているチームの仲間であれば、その行動そのものが自分にとって学びにつながります。良い行動は真似してみる、というのは基本でありとても大切なことですよね。

また、それぞれが全く別の目標を持ち、それぞれに行動している場合も面白い効果が見込めます。
それは、メンバー同士の相互理解につながるという点。
「あいつは普段は目立たないけど実はこんな目標をもってこんなに頑張っているんだ」とか、その人の意外性を発見したり、またそれぞれの得意分野もこういった目標と行動の共有で見えてくることもあります。

ただやらされているだけの目標管理ではなく、Face to Faceでのコミュニケーションを補完して、よりよいチーム作りをすることにもつなげていきたいですね。
社員一人一人がハッピーに仕事に取り組めるヒントの一つになるかもしれません。

橋本豊輝

人材系企業にて営業・営業企画を経て、Be&Doの設立に準備期より参加。ITを活用した人材育成や組織活性化のプロジェクトにかかわる。100社以上の実績に基づき「Habi*do(ハビドゥ)」を企画設計。主に開発プロジェクトマネジメント、マーケティング・営業・開発チームのマネジメントを行っている。
採用・人材育成・教育・組織に関する領域に13年にわたり従事。特に組織行動論、ゲーミフィケーションやソーシャルラーニングの研究がライフワーク。

企業課題は従業員の「エンゲージメント」が解決の糸口に。

組織にエンゲージメントが求められる理由とは?生産性の高い組織に不可欠なものとは?
概要をつかむためのダウンロード資料をご用意いたしました。ぜひお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連記事一覧