ワークライフバランスの推進を妨げる3つの理由。 – Habi*do

ワークライフバランスの推進を妨げる3つの理由。

エンゲージメント関連トピック

ワークライフバランス

「ワークライフバランス」とは、仕事(労働時間)と生活(労働以外の生活時間)の調和がとれた状態を言い、その目的は、内閣府の定義にあるように「子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」状態を作ることというのが一般的な理解である。言い換えれば、女性のライフイベントや、親の介護などにも柔軟に対応できるようにするために、労働時間を減らしていくことと理解されている。“ブラック企業”というレッテル、過労自殺などのリスク、人手不足も背景となり、これまでとは違って企業の取り組み方も積極的だ。

だからこそ、もう少し踏み込んで考えてみたい。でなければ、スローガンは掲げたものの実際には長時間労働が是正できないケース、残業時間が削減されただけで個々の生活の充実にはつながらないケース、あるいは残業削減が会社の業績に悪影響を及ぼすといったケースが多くなりそうだからだ。

ワークライフバランスが、いっこうに進まない3つの理由について

  1. ワークライフバランス実現への取り組み方
  2. ワークライフバランスの目的
  3. “ワーク”の捉え方

の切り口で考えてみたい。

ワークライフバランス実現への取り組み方

スケジュール帳

まず、ワークライフバランス実現への取り組み方である。

業務の効率化やテレワーク、フレックスタイム制などは“ワーク”の部分の改善で、これらはもちろん大切だ。しかしながら、労働以外の時間“ライフ”の部分で、特にしたいことがなければ早く帰ろうとは思わないから、効率化の仕組みを作ったとしてもダラダラ仕事になったり、新たに無駄な仕事を作ったりする結果となり、労働時間の削減にはつながりにくい。

特に、会社を自分の“居場所”だと考えている中高年男性は、そうなるだろう。中高年男性が仕切っている職場は多いから、彼らに引きずられて残業も減りにくい。

一方、社外での役割や没頭できる趣味・やりたいことを持っている人は、メリハリをつけて働いている。育児や家事に忙しい女性の仕事振りは手際よくスピーディーだし、時間的制約があるのにしっかり仕事上の責任を果たしている。

働き方改革や健康経営を積極的に推進しているカルビーでも、「一粒で二度おいしい」(1日に仕事とプライベートの2回、楽しみがある)をキャッチフレーズに、“ライフ”の充実を重視してワークライフバランスの実現に取り組んでいる。

要するに、“ライフ”の充実がワークをより良いものにし、同時に長時間労働も解消するという発想だ。であれば、ライフの充実から入るのが、ワークライフバランス実現への近道だと考えられる。

ワークライフバランスの目的

ワークライフバランスの目的

次に、ワークライフバランスの目的について考える必要がある。

「育児や介護などに柔軟に対応できるようにする」とは、すなわち、「特別の救済措置を施さなくても、育児や介護に時間がさけるような状態にしてあげる」ということだ。しかしそれでは、依然として「家事や育児を気にせず、フルタイムで働ける男性の働きぶりが本来であり、職場の主役である」と認めているのと同じである。つまり、長時間労働の削減をうたいながら、長時間労働も辞さずという昔ながらの働きぶりを正当化するという自己矛盾が生じてしまっている。

ワークライフバランスは、育児や家事に携わる女性や親の介護が必要になった人達というより、むしろ中高年男性にとって重要だ。

仕事場や仕事上の付き合いとは無関係な環境に身を置けば、多様な価値観や視点や知識を得ることができるし、自分が身につけてきた能力やノウハウを相対化・客観視できる。社内や業界の慣習に染まってきた自分の改善すべき点や新たな可能性に気付ける。損得勘定を考えなくて良い付き合いは、リラックスできる。飼われているように職場に閉じ込められているよりは、世界が広がり、モチベーションが上がり、アイデアも出やすくなるから仕事にも好影響があるだろう。

ワークライフバランスの目的は、「働く人を会社という閉じた空間から解放することで、保有する多様な能力を開花させ、それが仕事に効果的にフィードバックされること」と考えるべきだ。顧客の多様性に柔軟に対応する能力を身につけるための手段がワークラーフバランスなのであり、だからこそ、企業はワークライフバランスを推進する必要があり、その能力にもっとも欠けているのが、これまで職場に閉じ込められてきた中高年男性なのである。

「ワーク」の捉え方

ワークのとらえ方

最後に、“ワーク”の捉え方だ。

ワークライフバランスの推進を阻むのは、“ワーク”に対する主として中高年男性の旧い考え方である。中高年男性には、労働によって人格が磨かれ、人として成長できるといったような、労働そのものに意味があるという考え方が根強くある。そして、家庭生活や家事・育児、地域社会における活動、公共的活動などを、労働より下に位置づける。「誰のおかげで、飯が食えていると思っているのか」という物言いが典型的だ。

労働とは人を成長させながら、カネを生み家族を養い、経済をまわす価値ある活動であって、その他の活動は労働に対するオマケのようなものだといったパラダイムである。その視点からは、ワークとライフのバランスをとることの意味が分からないはずだ。

そういう人達はだいたい、定年退職すると家事ができない、地域に居場所や役割が見つけられない、友達もいないので生活が辛く寂しくなってしまうから、そうなって初めて労働以外の諸活動にも同じように意味があることが分かるのだが、現役時代にはなかなかこれに気付けない。

人間の活動には本来、食い扶持を稼ぐための仕事(ワーク)以外に、衛生的かつ愛情ある生活を営むための活動、知的で文化的な活動、地域や次世代や公共に貢献するための活動など(ライフ)がある。

長時間労働は、食い扶持を稼ぐための仕事だけに(自社が利益を上げるための活動だけに)人を縛り付けることに他ならない。企業が社会的存在であるなら、従業員が仕事以外の活動に割く時間を担保するのは当然のこととも言えるだろう。

ワークライフバランスが本質的な意味で実現するかどうかは、このような労働観を共有できるかどうかにかかっている。

組織人事研究者/1964年生。兵庫県神戸市出身。京都大学教育学部卒。1988年 株式会社リクルートコスモス(現株式会社コスモスイニシア)入社。人事部門で、組織人事・制度設計・労務管理・採用・社員教育研修などに携わったのち、経営企画室で広報を担当。退社後、2003年より組織人事コンサルタントに転進。講演、企業研修、人事制度設計や組織活性化コンサルティングのほか、コラムニストとして連載や寄稿を続ける。一般社団法人「人と組織の活性化研究会」世話人/NPO法人「老いの工学研究所」理事長

企業課題は従業員の「エンゲージメント」が解決の糸口に。

組織にエンゲージメントが求められる理由とは?生産性の高い組織に不可欠なものとは?
概要をつかむためのダウンロード資料をご用意いたしました。ぜひお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連記事一覧