健康100日プロジェクト – Habi*do

健康100日プロジェクト

~従業員向け組織開発・健康増進プログラム~

  • HOME
  • 健康100日プロジェクト

従業員向け組織開発・健康増進プログラムを支援します!


Habi*do(ハビドゥ)を利用して組織開発・健康増進・コミュニケーション促進プログラムが簡単に開催できます。
健康100日プロジェクトを活用して楽しく健康管理そして社内のコミュニケーションを活性化しましょう!

自身の頑張りが分かるだけでなく他の参加者の頑張りも分かる。参加者のやる気を引き出します。

気軽に応援しあうことが可能。継続的につながるだけでなくコミュニケーションも促進!

部署や部門対抗といったチームランキングの表示が可能。
参加者のモチベーションを維持。

こんなお悩みありませんか?

☑社内のコミュニケーション促進、活性化をしたい。

☑健康経営施策が一過性になりがち。継続しない。

☑ウォーキングや歩数といった特定のものだと対象者が限定的。

 

ご利用者様へのアンケートやヒアリングの実施 見えた効果はこちら↓

短期間での健康数値の改善

コミュニケーション

コミュニケーション活性化

協力への意欲や一体感が向上

Habi*do(ハビドゥ)で実施する組織開発・健康増進プログラムです。
健康100日プロジェクトは、ひとりひとりに健康行動の習慣化を促し、セルフマネジメント力の向上とイキイキ職場を実現します。
対象は、健康リスクのあるなしに関わらず、社会人として自己管理能力向上を高めたい人を対象とします。
健康経営の取り組みにおいて、従業員の健康意識の向上、日頃の自発的な健康行動の推進を目指している企業組織に適した取り組みです。
健康経営をはじめるきっかけづくりにご活用ください。

 
 
オンラインバッジ
AI
グラフ
 

見えづらいがんばりも可視化
ゲーム感覚で楽しく 参加者の健康習慣を支援

 

健康100日プロジェクト 利用事例のご紹介

JTBベネフィット

JTBベネフィットのみなさん


「社内コミュニケーション活性化」の実施目的を目的に健康増進活動を実施。
終了後のアンケートでは、半数以上の参加者の方々に運動する機会・意識の増加といった健康的な改善以外にも、96%の参加者がコミュニケーション面での良かった点があると答えていただけました。
「課内や部をこえてコミュニケーションが増えた」「協力意識が芽生えた」と仕事面でのコミュニケーション活性化にも役立てたとのことです。
 詳しくはこちら


厚生労働省「スマートライフ・プロジェクト」
にて全国の企業を結んで対抗戦を実施


各企業3~5名で構成した46チームで健康100日プロジェクトを実施。
健康数値の改善や意識の向上だけでなく、職場でのコミュニケーション活性化にもつながったといった参加者様からの声を多く聞くことができました。また、健康活動継続したいと98%の方に答えていただきました。
また、バーチャルガイドミカの存在が健康活動継続へとつながったとの声も!
 詳しくはこちら



西藤さん


プロジェクトを通じて、前後で実施した血液検査。短期間で生活習慣病に関連する数値に大きな改善がみられたそうです!
健康面での改善だけにとどまらず、残業が減り、健康の話題が増え、社員の一人一人の志向に変化が表れているとのこと。このプロジェクトをきっかけにジムに通う、食生活を見直すといった今後につながる動きもみられるそうです。
 詳しくはこちら

健康100日プロジェクト

開催の流れ

サービス内容

<基本サービス>
● ニーズや課題に応じた運用のご提案・事務局支援
● Habi*do(ハビドゥ)貴社サイト内にプロジェクト実施グループ設定・各種設定
● 動機づけのためのキックオフミーティング(ワークショップ)の実施
● 健康情報、事前事後アンケートといったプロジェクト基本コンテンツの提供
● バーチャルガイドミカによる応援と健康情報のコンシェルジュサービス

<オプションサービス>
● オリジナルのアンケート・おすすめ習慣・管理者投稿等を設定することが可能

<その他>
● 保健師等による指導・アドバイス提供
● レポート

 

(費用は別途お見積となります。まずはお問い合わせください。)
※「健康100日プロジェクト」は、Habi*doご利用企業・団体様への提供サービスです。