特許取得『行動改善システムおよび行動改善方法』

タレントマネジメントシステムHabi*do(ハビドゥ)の開発・運営を行う株式会社Be&Do(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:石見一女)は、Habi*doの基本となる「行動改善システムおよび行動改善方法」について、特許を取得したことをお知らせいたします。

■課題背景(特許開発の経緯)
現在、多くの企業が抱える経営課題には、「収益性の向上」「人材の強化」「事業構造の再構築」等があります。これらの課題を解決するには、組織内のすべての人々の経験や知識そして行動を結集することが必要となります。
この度取得した特許は、組織内のメンバーが目標に向かってそれぞれの活動やノウハウを共有し、互いに認め合い協力しながら自律的に行動を改善するシステムです。パフォーマンスの向上、組織およびメンバーの目標達成を促進することができる発明となっています。

■特許に関する情報
今回の発明により、いろいろな目標に対してその目標と行動の設定ができ、取得した行動等の実績情報や各種評価情報をAIにより分析し、それぞれのメンバーに適したモデル情報を提示し行動改善を進めることが可能となります。
この仕組みの応用として、タレント マネジメントシステムとしてのパフォーマンスマネジメントに活用することができ、部門別のハイパフォーマー属性分析、優れたマネジャーのマネジメント活動分析などもできます。
発明の名称:行動改善システムおよび行動改善方法
特許番号 :特許第6684512号
登録日  :令和2年4月1日

■『行動改善システムおよび行動改善方法』特許の特色

組織内のメンバーが目標に向かってそれぞれの活動を共有し、互いに認め合い協力しながら自律的に行動を改善し、パフォーマンスを向上させ、組織およびメンバーの目標達成を促進することができるネットワークシステムです。

特許内容の図解

・評価情報を取得することができる仕組み。
・実績情報を取得することができ、組織およびメンバーがそれぞれの活動実績情報を確認できる仕組み。
・各種評価情報をAIにより分析し、各メンバーの目標とすべきモデル情報を提示する仕組み。

  • 現場力を高めるソリューション
    Habi*do(ハビドゥ)とは
  • 目標の達成状況、行動の実行履歴、他者への承認・関与といった活動のデータを統合・可視化することができます。ユーザー1人ひとりが目標の到達状況把握や日々の行動の振り返りができます。また、ユーザー同士でお互いに承認が可能です。目標・習慣・タスク・学びが可視化されることにより、ユーザー同士がモチベーションを高め合いながら、成果を目指す行動を促進します。組織や目標に対するエンゲージメント向上も期待できるサービスです。
  • サービス名:Habi*do(ハビドゥ)
  • サービス開始日:2016年10月
  • サービスサイト:https://habi-do.com