ロート製薬株式会社様事例 | Habi*do(ハビドゥ)

ロート製薬株式会社 様の導入事例

ロート製薬ロゴ
ロート製薬株式会社
【業務内容】医薬品・化粧品・機能性食品等の製造販売 【利用用途】店頭現場で働くメンバーの販売管理・進捗管理   部署間での情報共有
ロート製薬 坂口さん

現場の働き方改善とチームビルディングに大きな成果!

Habi*doの導入前後比較

今年創業120周年を迎えられ、「NEVER SAY NEVER」のスローガンどおり、美と健康の分野において、常識破りの挑戦を続けられているロート製薬様。
Habi*doを営業現場で導入いただいています。

今回は、営業現場でご利用開始いただき、今春からは全営業部門への展開を進めてくださっている同社の坂口様に、お話を伺いました。

働き方改善とモチベーションへの課題

店頭で働くメンバーを抱える同社は、現場で働くメンバーの働き方改善とモチベーションにおいて、課題に直面することになった。
「店頭現場で営業活動を行うメンバーは、移動時間もあって業務時間内に報告書を投稿することが困難でした。」
進捗が見えづらいことは双方向のやりとりが見えないことは、営業メンバーの不安感に繋がった。
「一生懸命報告書を書いても読まれているかどうかが分からないまま。
全ての報告に対してフィードバックすることは物理的に困難なので、現場としては読んでもらえているという実感が持てなかったり、メンバーのモチベーションアップに繋げにくいという課題もありました。」

取材の様子

ロート製薬株式会社 坂口様

この状況を課題に感じた坂口氏は、さまざまなシステムを模索する
「一つは、営業活動を地図上にマッピングして報告ができるアプリです。
元々、報告を見る側の視点は考えず、書き手側(営業現場)の改善だけを目的にしていました。
そのアプリをテストし、iPhoneで報告業務ができるようになったことで報告書を書く時間は改善され、写真の投稿などが増えたという意味では狙い通りでよかったのですが、報告を見る側が情報を捉えづらかったんです。
これでは報告書の意味が全くないと実感し、やめることにしました。」

一方的な情報共有に限界を感じた坂口氏は、営業システムの導入を検討。
費用は高額だが、課題解決の重要性を強く感じていた坂口氏は検討を進める。しかし、実際に現場で使われるには相当な時間がかかるものであった。
「現場のメンバーが使いこなせるようになるには、相当な時間コストがかかるなと感じました。
選定の基準としてITリテラシーの底上げ、教育も課題の一つだったので、ロートのメンバーなら誰でも使えるシンプルなUIとユーザビリティでないと、どんなにいいものであっても使えないツールになると考え、断念しました。」

誰でも使えるツールの一つとして検討したのが、ビジネス用SNSアプリ。
「使い勝手としてはHabi*doに近いのですが、ユーザー側で勝手にグループが作成できてしまうのが懸念点でした。
また、5行以上のテキストや画像が入ると閲覧するのにタップ操作が必要なんです。
余計な操作をすることなく、スワイプで流し見ができるのが一番いいと思っていたので、無駄な操作を必要としないシンプルなHabi*doの方がユーザビリティとして優れていると判断しました。」
何よりも先にHabi*doを使用したチームが、自分たちに合った使い方を見出したという事実が全営業への展開と課題解決への糸口だと実感していただく。

一番成果が出るのはHabi*do(ハビドゥ)​

Habi*do導入後、新規案件の情報の共有や部署ごとの業務進捗が可視化されたこと、双方のやりとりが可能となったことによってもたらされた恩恵はさまざまだ。

気軽に情報を投稿しやすく、報告する側も、情報を見る側も、簡単で使いやすいHabi*doが一番成果が出ると実感していただく。
「今は様々なアプリやツールが出てきていますが、機能詰め込み型のものが多いかと思っています。
シンプルなHabi*doが結局のところ一番使えるし、成果が出ると考えています。
今のところ、Habi*doから他のツールへの変更を検討することは、まずないでしょうね。」

組織の成果を最大化するための手法として、近年注目を集めているチームビルディング 。Habi*doがチームビルディングの要となっているようだ。
「チームビルディングに良い兆しが見えてきているなと感じています。
Habi*doを利用することで、あっちこっちでチームの垣根を超えたコミュニケーションが生まれているのは、期待以上の効果が出ていると感じています。」
Habi*doを使っているメンバーからは「良かった」「ありがたい」といった声があがっているそう。

また、大幅な時間の短縮を実現した。
「報告書を書く時間と見る時間の短縮につながっています。
報告書は、従来ならPCを立ち上げてiPhoneで撮った写真をPCに取り込んで、それを加工して貼り付けて・・・と、かなりの時間と工数がかかっていました。」

必要な情報への到達にかかる時間も大きく短縮できているそうだ。
「ハッシュタグも検索機能もある。いちいち開封の手間もない。ダイレクトに情報に到達しやすくなりました。
写真を撮ってコメントを入れて投稿するだけ。隙間時間にできてしまいます。
Habi*doなら、ログインしてスクロールするだけで、1通どころかみんなの報告が見られます。」

情報を書く、見る、共有するという時間の改善にHabi*doが一役かっている。

報告・情報共有にかかる時間を大幅に削減!



隙間時間で簡単に報告! 報告を見るのも、情報を探すのも 格段に効率UP!

チームを超えた 情報の積極活用!



フラットなコミュニケーションが自然と生まれる仕様だから、ただの日報が、宝の宝庫に!

モチベーションUPとチームビルディング!



気軽な承認が生まれる仕掛けで、従業員のモチベーションUPとチームの一体感まで創出!

これからも、Habi*do(ハビドゥ)を活用し現場の情報共有を進める同社の動きに注目していきたい。

Habi*do(ハビドゥ)は多くの組織で使われています。

Habi*do利用企業

個別相談

Web会議、お電話、株式会社Be&Doオフィス(大阪)へのご来社、訪問(応相談)

セミナー

随時セミナー開催しております。
お気軽にご参加ください。

各種資料

メソッドをまとめたホワイトペーパーや、 皆様のビジネスに役立つ資料を多数取り揃えています。