【2018年上期版】働き方改革・健康経営の参考になる事例集サイトまとめ – Habi*do

【2018年上期版】働き方改革・健康経営の参考になる事例集サイトまとめ

健康経営

組織課題と業績

中長期的、慢性的な人材不足が事業を進めるうえでの経営課題として顕在化しつつあります。

いよいよ企業は、経営者を中心に従業員の“働きやすさ(生産性を発揮できるかどうか)”、多様な人材が長期的に働くことができる職場づくり、組織づくりに向き合っていく必要があるように思います。
同時に、働くひとたち一人ひとりが、働くことそのものに対して見つめなおすタイミングなのかもしれません。

とはいえ、いったい何から手をつけたらよいのかわからない、という意見をうかがいます。

既に官公庁や自治体、団体、サービス提供会社などが様々な取り組み事例を公開しています。本記事では、事例をまとめているWebサイトをご紹介して参ります。
(必要に応じ、情報は追加して参ります)

各社の事例から、1つでも自社に取り入れながら、従業員がイキイキと働けるような組織づくりを推進していっていただければ幸いです!

Well-Being OSAKA Lab(大阪府を中心に産官学60団体以上)

Well-Being OSAKA Lab

Well-Being OSAKA Labは大阪府と起業・大学が連携して、働き方改革や健康経営に関する課題や情報を共有し、健康に関する様々な課題解決を図るために立ち上げられたコミュニティ。
Webサイトには、参画企業を中心に各社の働き方や健康経営施策の取組みが紹介されています。今後、継続的に事例や、公開セミナー等が掲載されていく模様。

Well-Being OSAKA Lab

神奈川県 健康経営取組事例集

神奈川県サイト

CHO(健康管理最高責任者)構想を軸に、県内の事業所の健康経営推進を後押ししている神奈川県のページで、事例集が公開されています。

健康経営取組事例集

中小企業における健康経営のススメ(経済産業省近畿経済産業局)

近畿経済産業局

近畿経済産業局が、主に近畿地域の中小企業に対する健康経営の普及啓発と実践促進を目的に作成した事例集。PDFで各社の取り組みが紹介されています。

中小企業における健康経営のススメ

働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト(厚生労働省)

働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト

厚生労働省が推進する「労働生産性の向上と雇用確保・雇用環境の改善」を両立させる企業・職場を表彰し、事例を紹介しているサイトです。

働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト

健康づくり取り組み事業場の事例紹介(中災防)

JISHA中災防サイト

中央労働災害防止協会が、会社が組織的にかつ継続的に取り組む健康づくりの事例をまとめています。健康づくり・メンタルヘルスケア・快適職場づくりは、安全衛生面への配慮という面でも重要な課題ということです。企業の中の事業場単位でも実施している事例など、多様な事例が掲載されています。

健康づくり取り組み事業場の事例紹介

ワークスタイル百科(サイボウズ)

ワークスタイル百科ワークスタイル百科 〜100社あれば100通りの働き方改革がある〜として、その名の通り企業ごとに、そこで働いている人も違えば、業種も、規模も異なります。
それぞれがどのような取り組みをされているのか、インタビュー形式でIT活用方法とともに掲載されています。
2020年までに100記事を目指しているそうです。

働き方・休み方改善ポータルサイト(厚生労働省)

厚生労働省サイト厚生労働省が提供するサイト。各種法令やハンドブックの参照、資料やセミナー情報も。関連サイトのポータルにもなっています。特徴的なのは、各社が事例を投稿できるようになっており、企業規模や業種や地域で絞って事例検索をできるようになっているところです。
制度や支援策を確認するだけではなく、各社の取組みを産駒にしてみてはいかがでしょうか。

働き方・休み方改善ポータルサイト

Womenwill/Japan(Google)

GoogleWomenWill

テクノロジーにより女性が直面する問題の解決を目指す Google のアジア太平洋地域全体の取り組みの一環として展開されています。個人向けにリモートワークや、業務効率化、時短、ワークライフバランスをテーマにしたeラーニングも提供。経営向けのハンドブックや、効果測定のツールも提供されています。
働く女性をHappyにすることをテーマに展開されている「#HappyBackToWork」は、様々な企業事例やアイデアが投稿されています。

Womenwill/Japan

『日本の人事部』編集部 厳選記事「働き方改革」実現に役立つ企業事例8選

日本の人事部

大手企業事例を中心に、様々な視点から働き方改革をテーマに厳選した事例記事がまとまっています。リモートワーク、ダイバーシティ推進、男性の育児休暇取得推進、残業削減・有給休暇取得の推進、同一労働同一賃金に基づく全正社員化、朝型勤務の推進など。考え方のヒントに。

『日本の人事部』編集部 厳選記事「働き方改革」実現に役立つ企業事例8選

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回、働き方改革の中でも、そのひとつとして重要な取り組みとされる「健康経営」分野を中心にまとめています。

なぜなら、従業員が健康的に継続的に生産性高くはたらきながら、公私ともにイキイキとした状態をつくることが、結果として個人・組織の生産性向上につながると考えるからです。
また、健康的な生活を心掛けるためには、必然的に業務負荷を減らしたり、うまく分業をできる体制を構築したり、コミュニケーション課題をなくしてストレスを軽減したり、プライベートを充実するためにはタイムマネジメントも重要になります。

働き方の改善は、健康的に長く働くことにも通じるのです。

企業規模を問わず取り組めるものもたくさんあります。
目の前の成果や売上を追い求めるだけでは、見えてこない持続可能な組織の在り方!

ぜひ、トライしてみてください!

※健康経営®は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

橋本豊輝

人材系企業にて営業・営業企画を経て、Be&Doの設立に準備期より参加。ITを活用した人材育成や組織活性化のプロジェクトにかかわる。100社以上の実績に基づき「Habi*do(ハビドゥ)」を企画設計。主に開発プロジェクトマネジメント、マーケティング・営業・開発チームのマネジメントを行っている。
採用・人材育成・教育・組織に関する領域に13年にわたり従事。特に組織行動論、ゲーミフィケーションやソーシャルラーニングの研究がライフワーク。

企業課題は従業員の「エンゲージメント」が解決の糸口に。

組織にエンゲージメントが求められる理由とは?生産性の高い組織に不可欠なものとは?
概要をつかむためのダウンロード資料をご用意いたしました。ぜひお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連記事一覧