「社内コミュニケーション活性化」の実施目的を達成!!(JTBベネフィット様ユーザーアンケート結果) – Habi*do

「社内コミュニケーション活性化」の実施目的を達成!!(JTBベネフィット様ユーザーアンケート結果)

インタビュー, 事例, 社内SNS活用

JTBグループの福利厚生サービス提供するJTBベネフィット様にて「社内コミュニケーション活性化」の実施目的を目的に健康増進活動を実施。終了後にアンケートを行いました。
半数以上の参加者の運動する機会・意識の増加といった健康的な改善以外にも、96%の参加者がコミュニケーション面での良かった点があると答えました。

【調査期間】 2016年12月
【調査対象】 2016年8月1日在籍の役員、社員、出向社員、契約社員
【調査人数】 198名

83.8%の参加者が、健康を意識する機会が「増加した」と回答。96%の参加者が、「健康面」で良かったと思うことがあると回答。

「煙草をやめられた」「プロジェクトが終了しても、毎朝体重を量ることが日課に。ダイエットを継続できている」といったプロジェクト参加後も健康活動を継続できている参加者の方の声を聞くことができました。

96%の参加者が、コミュニケーション面で良かったと思うことがあると回答。

「組織を超えてメンバーとコミュニケーションをとることができた。一体感を感じての取り組みはとても楽しかった」といった他部署とのコミュニケーションが取れるようになったといった声が聞かれました。
他にも「普段接触のない社員とも、共通の話題ができ、協力意識が芽生えた。」「課内や部をこえてコミュニケーションが増えたのはとてもよかった。」といった声が聞かれ、社員旅行や飲み会の場でもHabi*doが共通の話題としてあがったとのことです。

鈴木未紗
アパレル系企業にて販売、販促企画などを経験後に株式会社Be&Doに参加。マーケティング担当としてWebやソーシャルメディア、販促支援、PRに携わる。二人の娘の子育て奮闘中!
企業課題は従業員の「エンゲージメント」が解決の糸口に。

組織にエンゲージメントが求められる理由とは?生産性の高い組織に不可欠なものとは?
概要をつかむためのダウンロード資料をご用意いたしました。ぜひお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連記事一覧