禁止行為を作る~ポジションパワーについて考える~ – Habi*do

禁止行為を作る~ポジションパワーについて考える~

マネジメント

用語については以前、「禁止語を作る~マジックワードについて考える~」で少しお話しました。
「強化」「徹底」「促進」「向上」…
一見、前向きに聞こえる言葉が実は、目指すゴールを曖昧にしているということを。

加えて言えば、「営業」のような一般的に理解されている用語も要注意。
会社によって様々な解釈があるからです。

通常は、クライアントに商品・サービスを提供する仕事、と捉えますが、実は会社にとってその業務内容は様々。
クライアントへの売込業務がなく、コミュニケーションを図ればいいだけの仕事を「営業」と称している会社もあります。
マネジメント職にとっては、使用する用語の「真の意味」の共有化も大切です。

特にキャリア採用が多い会社は、自社の「当り前」をいかに早くキャリア採用者に理解させるか、ということも早期戦力化のためには重要だと思います。

ポジションパワーでの指示・命令を禁止する

さて表題。

今回はどんな行為を禁止するかと言えば。
「ポジションパワーでの指示・命令」です。
上司としての権限のみを使って業務をやらせる行為です。

この行動を一度もしたことがない、という人は一流のマネジメント職と言ってもいいでしょう。

では、どのような時にポジションパワーを使うことが多いでしょうか?
緊急性の高い場合。
「明日の会議の資料でどうしても必要だから」
と上司から一言。
「何でもっと早く言ってくれなかったの?」
「本当に必要なの?(何を検討する為に必要な資料なの?)」
部下の立場ではこういったことを思っても仕方ないですよね。

また、一見ポジションパワーでなさそうに見えて、強制力を働かせる場合。
「○○取締役がやれっていうから」
「会社で決まったことだから」
「君の成長に必要だから」

そして一番質が悪いのは、
「上司の俺の言うことが聞けないのか!」
「理由はともかくやれ!」
ドラマに出てきそうなセリフですが、実際にやっている会社もチラホラ見かけます(笑)

ポジションパワーを使わない指示・命令とは

では、ポジションパワーを使わない指示・命令は?

「何をしたいのか・決めたいのか、目指すのか(ゴール)」
「何の為にするのか、必要なのか(目的)」
「なぜ我々が・あなたがするのか(個人・チームの存在意義・期待)」
「やることによって得られるものは何か(会社・チーム・個人にとって)」

一言で言えば、「丁寧さ」

ポジションパワーの指示命令は前述の中の何かが端折られているケースがほとんど。
不足部分を「上司としての命令」に置き換えてしまうのです。

急いでいても丁寧に、やってみてください。
案外、焦っているのは自分だけで、部下は泰然自若にこなしてくれるかもしれません。

▼禁止語 について関してはこちらから

株式会社パーソナルヴィジョン研究所 代表取締役。
1984年神戸大学教育学部教育学科卒業後、株式会社ワールド入社。人事課長、組織活性化プロジェクトリーダーとして、採用・教育・ 配置・海外人事、国内関連会社(約15社)の設立・ 合併人事業務を企画・推進。2000年、人材開発コンサルタントとして独立。主に人事コンサルタントとしては企業理念・人事制度設計、組織風土診断、マネジメントの強化支援を中心に、 キャリアコンサルタントとしてはキャリア開発を基軸とした人材育成の支援、キャリアカウンセリング、就職支援業務を専門領域に活動。 また人事マン育成を今後の課題に掲げて様々な支援に取り組んでいる。

企業課題は従業員の「エンゲージメント」が解決の糸口に。

組織にエンゲージメントが求められる理由とは?生産性の高い組織に不可欠なものとは?
概要をつかむためのダウンロード資料をご用意いたしました。ぜひお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連記事一覧