大きな目標を達成するには小さなことの積み重ねが何より大事。~イチローの名言より~ – Habi*do

大きな目標を達成するには小さなことの積み重ねが何より大事。~イチローの名言より~

エンゲージメント関連トピック

鈴木 一朗〈すずき いちろう〉。
MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)であり、プロ野球における通算安打世界記録保持者(NPB/MLB通算4257安打でギネス世界記録に認定)、最多試合出場記録保持者(NPB/MLB通算3563試合出場)。
今もなおさらなる高みを目指すイチロー選手。彼が毎日のトレーニングや生活習慣をとても大切にしている話は有名ですよね。

ちいさいことを重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道

イチロー選手のことばより

何かを成し遂げるためには、小さな一つ一つの積み重ねが大事であることを物語った名言です。
1本のヒットを打つために、小さな努力を積み重ねているわけです。

すべては行動することから始まる

イチローは、小さな行動の積み重ねだけではなく、「4000のヒットを打つには、8000回以上の悔しい思いをしている」という発言にもあるように、成功体験の裏に倍以上の失敗経験をしていることも大きなメッセージだと思います。

行動をして実践をしないと成功体験もつめないし、失敗体験もできません。
失敗すると、より良い方法を探るきっかけにもなります。
「やってみる!」ということ、そしてそれを継続すること。うまくいかなければ、軌道修正をしてまた継続する。その繰り返しなのかもしれません。

でも、その続けることが難しいと感じる人が多いですよね。

継続が難しいと感じる理由

その理由の一つは、小さな積み重ねでは、なかなか成果が見えにくいからです。目標達成までの長い道のり!ほとんどの人が途中で挫折してしまうのも当たり前ですよね。

ところが、その小さな積み重ねひとつひとつが小さな小さな目標だと捉えたらどうでしょうか。1回1回、頑張って行動することに達成感を覚えることはないでしょうか。

例えば今日1日、なんとかやった!3日坊主にならなかった!というだけでも、十分自分自身をほめれば良いと思います。

つまりは、
目標は、「できるだけ具体的にすること。」
その目標を達成するためにやるべきことを「できるだけ細かく具体的に書き出すこと。」(少しがんばれば実現可能なレベルにまで落とし込む)

そして「今日することを決めること。」(習慣としてやるべきこともいいですね!)
あとは「すると決めたことは必ずやりきること。」
そのあとは「夢に向かってひたすら努力を続けること。」ですね。

この積み上げてきた努力が自信となり、今のイチローがあるわけです。
小さな一歩の積み重ね。大事にしていきたいですね。

橋本豊輝
人材系企業にて営業・営業企画を経て、Be&Doの設立に準備期より参加。ITを活用した人材育成や組織活性化のプロジェクトにかかわる。100社以上の実績に基づき「Habi*do(ハビドゥ)」を企画設計。主に開発プロジェクトマネジメント、マーケティング・営業・開発チームのマネジメントを行っている。 採用・人材育成・教育・組織に関する領域に13年にわたり従事。特に組織行動論、ゲーミフィケーションやソーシャルラーニングの研究がライフワーク。
企業課題は従業員の「エンゲージメント」が解決の糸口に。

組織にエンゲージメントが求められる理由とは?生産性の高い組織に不可欠なものとは?
概要をつかむためのダウンロード資料をご用意いたしました。ぜひお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連記事一覧